MENU
■Profile

げろっぴ

  出身:富山県

  年齢:28歳

  職業:プロダクトマネージャー(PdM)

  趣味:生活改善,ガジェット,建築,旅行

  略歴:理系大学で建築を専攻

     同大学の大学院修了

     ゲーム会社に企画職で新卒入社

     転職して現在は事業会社でPdM

スマホ&一眼カメラ兼用のコンパクト三脚「Velbon EX-Macro Ⅱ」レビュー|旅行向けおすすめ三脚

  • URLをコピーしました!

先日「Amazonベーシック軽量三脚」を購入して一眼カメラでの夜景撮影を楽しんでいた。この三脚は約4000円という低価格でありながらも全高152.4cmで取り扱いもしやすく非常におすすめだ。詳しくは記事を読んでみてほしい。

一方で「Amazonベーシック軽量三脚」はバックパック一つの旅行で持ち運ぶには大きすぎるということで、今度はコンパクトな三脚を探していた。

そこで三脚で有名な国内メーカーの「Velbon」からコンパクトかつ安定感のある三脚が販売されていたので早速購入してみた。今回はこちらをレビューする。

目次

Velbon EX-Macro Ⅱ概要

項目Velbon EX-Macro Ⅱ
高さ56.3cm(三脚+EV)※EV=センターポール
50.6cm(三脚のみ)
20.3cm(最低高)
段数3段
収縮時サイズ28cm
重量578g
最大積載質量2kg(推奨1.5kg)
雲台3Way一体型(分離不可)
クイックシューQB-32
水準器無し
EV方式手動式
脚パイプEXパイプ
脚ロック方式レバーロック式
石突ゴム石突
付属品専用ケース
価格4,643円(Amazon.co.jp)

ポイントは収納時の小型軽量さ

収納すると長さ28cm重さ578gになるので、バックパックに入れて旅行へ持ち出すことが十分に可能だ。

マクロ撮影(被写体に近づいて撮影)に特化した三脚なので高さは膝上くらい。3Way雲台なので縦向きの撮影ができて自由度は高い。

夜景や星の撮影においてはそこまで高さは要らないので十分!

開封

早速開封していく。

中身はこんな感じ。

内容物
  • Velbon EX-Macro Ⅱ本体
  • スマホホルダー
  • 専用ケース
  • 説明書兼保証書

Velbon EX-Macro Ⅱ使用感レビュー

高さ&低さ

まずは収納状態から脚を開くと高さ27.8cm。

レバーロックを開けて脚を伸ばすと50.6cm。簡単に伸縮できる上にロック状態が分かりやすいので非常に扱いやすい。

そこからEV(センターポール)を伸ばして最大の高さ56.3cmになる。

そもそも高さを売りにしている三脚ではないが、どうしてもこの三脚で高さが必要なときは別途台を用意したりなにかしら物の上に設置しよう。

Velbon EX-Macro Ⅱの魅力は高さではなくむしろ「低さ」にある。閉じた状態から脚を開いて27.8cmのところからさらに低くできる。

各脚にある「フル開脚ボタン」を押すとより広く脚を開き、高さ20.3cmに固定することができる。

ローポジションでカメラを固定することで、低い位置の被写体に対してもマクロ撮影が可能となる。

安定感

まず全体的にしっかりした作りになっている印象を受ける。

加えて高さが低めなことと、脚のグリップが強力なことで安定感は抜群だ。

約1kgの一眼カメラを取り付けても頭が垂れたりはしない。少し重めの望遠レンズを取り付けても問題なさそう。

本体重量と耐荷重
  • 本体重量:578g
  • 耐荷重:2kg(推奨1.5kg)

多少風が吹いている環境でも安定して長時間露光ができるので夜景撮影も問題なくできる。

撮影できる角度

水平はもちろん、上下にカメラを向けて固定することも可能。

星を撮るときは真上に向けて、手元のマクロ撮影では下に向けるといった感じで幅広く使うことができる。

また3Way雲台ということで縦向きの撮影にも対応しており、写真のように雲台を90°立てることができる。

動きの滑らかさ

流石は大手のメーカーということで動作のスムーズさに感動した。使っていて安っぽさを全く感じない。

各パーツが堅牢かつ精度の高い作りになっているので引っかかりがなく非常にスムーズに動いてくれる。

こういった動作のスムーズさは使い心地が良いのはもちろんだが、パーツが噛み合っているため安物にありがちな「変な力のかかり方による故障」のリスクも低い製品だと言えるのではないだろうか。

スマホ・一眼カメラ兼用

雲台に付属のスマホホルダーを取り付けることでスマホを設置できる。一眼カメラもスマホもこの三脚一本で撮影をこなせてしまう。

一眼カメラで定点撮影をするときや、スマホを固定して動画を撮影するときまで幅広く使うことが出来る。

収納時の携帯性

Velbon EX-Macro Ⅱはコンパクトな三脚なので携帯性は抜群だ。

脚を閉じれば長さ28cmの塊になり、専用のケースに収納すれば普段使いのバッグに入れて持ち運べる。

収納時サイズと重量
  • 長さ:28cm
  • 重量:578g

Velbon EX-Macro Ⅱの良いところ

小型軽量で旅行に最適

長さ28cm重さ578gというサイズ感がこの三脚の最大の価値とも言える。ちょっとした旅行へ行くときにバックパックに忍ばせて持ち出せる。

このコンパクトさがとにかくこの三脚の魅力だ。旅行好きに是非ともおすすめしたい。

安定感のある撮影が可能

三脚の役割は「カメラを定位置に固定する」だ。

Velbon EX-Macro Ⅱに関してはその役割を十分に果たせる三脚だと感じた。作りがしっかりしていて非常に安定感があり撮影時にブレることがない。

夜景の長時間露光も問題なくこなすことができる。

安価で高品質

全体的に品質がかなり高い。特に動作のスムーズさは感動的でめちゃめちゃ滑らかに動く。流石のVelbon製。

それでいて4,000円台ということで本当にコスパが良い。

Velbon EX-Macro Ⅱの悪いところ

クイックシューの取り付けにコインが必要

クイックシューをカメラに取り付けるときにコインが必要なのが難点。

指でもある程度は締めることが出来るが、しっかり安定させるためにはコインが必須。

以前購入した「Amazonベーシック軽量三脚」は指で締められるようにつまみが付いていたので、この方式のクイックシューであれば本当に文句ひとつない三脚だった。

収納ケースに1円玉を忍ばせておくことにした。

まとめ

旅行用の三脚として「Velbon EX-Macro Ⅱ」はかなりおすすめできる。

繰り返しになるが三脚の役割はあくまで「カメラを固定する」の一点のみだ。

だからこそ安価でポンコツな商品でも使えると思って買ってしまいすぐ駄目になることがあるし、逆に高価な商品を買ってもなかなか価値を感じれないこともある。

三脚というアイテムはそこそこの金額でそこそこの品質のものを買うことが重要であると思う。

今回紹介した「Velbon EX-Macro Ⅱ」は4000円台という安価ながらも非常に安定感があり動作がスムーズで使いやすい三脚だ。それでいてコンパクトなのでちょっとした旅行に三脚を持ち出したいという方には本当におすすめ。

この記事が参考になれば幸い。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次